便秘の種類

便秘には大きく分けると2つのタイプに分けることができます。

「機能的便秘」と「器質的便秘」です。

それぞれについてみてみましょう。

まず、機能的便秘です。機能的便秘とは、便の流れる通路の消化器官(胃・小腸・大腸・肛門)に障害があって生じる便秘のことを言います。

この機能的便秘の中でも「急性タイプ」と「慢性タイプ」に分けることができます。

さて急性型が起こる時の例ですが、たとえば偏食などにより、便の成分になる食物繊維の摂取が少ない場合や体内の水分が不足した(発汗が多かったり、水分摂取量が足りない場合です)ために、便の中の水分が不足した場合、そして環境の変化によるもの。

他には寝たきりなどになり、運動不足におちいり、腸の運動が低下によるもの。

あと薬の副作用によるものもそうですね。

急性型に対して慢性型便秘ですが、その発生原因により幾つかに分類ができます。

少しあげてみると、弛緩性便秘:腸の運動や筋力の低下によるもの。
(高齢者・お産の回数が多い女性)

直腸性便秘:排便の反射が弱くなっている場合。
(便意の我慢・浣腸の乱用など)

痙攣性便秘腸の運動がひきつったようになり、便の通りが悪くなるもの。
(下剤の乱用・過敏性大腸炎など)

疾患性便秘:甲状腺の機能が低下する病気の疾患を患っている場合、糖尿病など。
(神経麻痺を合併し、便秘に)

そして2つめのタイプですが、器質的便秘と呼ばれるものです。

自律神経が上手く機能せず、腸そのものの病気によって生じる便秘のことを指します。

腸の腫瘍や炎症、閉塞などにより、腸の通りが悪くなるためにおこるものや、腸の長さや大きさの異常によっておこるものがあります。

どちらにあてはまっているのか考え、それぞれの対処法に従って改善していくことをオススメします。

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

便秘の解消改善方法:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://benpini.iisaito.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。